2009年10月18日

建築分野におけるラーメン構造

建築分野におけるラーメン構造

ラーメン構造は、近代建築における最も一般的な構造形式であり、構造材別に見ると、鉄骨造(S造)、鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)の建築物の多くに採用されている。


ラーメン構造が現在のように一般的な形式となったのは、建築史的視点から見ると、ごく最近、20世紀に入ってからのことであり、ラーメン構造の普及は上記に挙げた建築材料、すなわち鉄とコンクリートの普及と切っても切れない関係にある。


歴史的な蓄積も多く、信頼性が非常に高い。事務所ビルや中層集合住宅などには柱間を6 - 8mにしたものがもっともコスト効率のよいものとされ、経済スパンとも呼ばれている。
365日ほったらかしで毎月安定した利益を獲得!『貯金ゼロからはじめる夢の家賃収入』〜小松健治の成功大家さん劇場・完全版(驚愕の3大特典付)〜
posted by 不動産購入 at 18:34| ラーメン構造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラーメン構造

ラーメン構造

ラーメン (骨組)



ラーメン (Rahmen) とは、構造形式のひとつで、主に長方形に組まれた骨組み(部材)の各接合箇所を剛接合したものを言う。


ドイツ語で『額縁』の意。主として建築・土木構造の分野で用いられる言葉であり、柱が梁と剛接合している構造を、ラーメン構造という。発音は同じではあるが、食品のラーメンとはまったく関係がない。



概要


各所が剛接合されているため、外力により部材に発生した曲げモーメントは、接合部材に伝達しながら下部構造まで達する。比較すべき構造概念として、各部材の接合箇所がピン接合されたトラス、部材を線ではなく面ととらえる壁式構造、曲げモーメントを圧縮力に変換するアーチ構造等が挙げられる。
posted by 不動産購入 at 18:33| ラーメン構造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
倉橋隆行の5億をつくった猛者から学ぶガチンコ物件査定4時間セミナー
高卒社員が年収5,000万!非常識的不動産投資成功法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。